water ripple effect
Eat & Supplement

水道水→ブリタの浄水ポット→

トレーニングや日常生活での水分補給は非常に重要ですが、コストと健康を考慮すると、飲料水の確保方法は慎重に選びたいものです。今回はコストパフォーマンスに優れ、便利で経済的な方法を探求しました。

水道水直飲みの懸念

水道水をそのまま飲用する方法も考えられますが、以下のようなリスクが存在します:

  1. 化学物質の残留: 水道水は塩素などの消毒剤を用いていますが、これが原因で味が悪化したり、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。
  2. 重金属の混入: 老朽化した配管から鉛などの重金属が溶出することがあります。
  3. 農薬や産業廃棄物: 農地や工場からの流出で有害物質が混入することがあります。
  4. 微生物の汚染: 水道水は塩素で処理されますが、すべての微生物を完全に除去できるわけではありません。
  5. 医薬品の残留: 現代の水処理技術では完全には除去できない医薬品などが残ることがあります。

これらのリスクを考慮し、安全かつ経済的に水分補給をする方法として、ブリタの浄水ポットを選びました。

ブリタ浄水ポットの選択

ブリタの浄水ポットは、水道水の不純物を効果的に除去し、飲料水の品質を向上させます。私が選んだのは「ブリタ ポット型浄水器 アルーナ」で、容量は3.5リットル、ろ過後の水容量は1.75リットルです。このポットは、簡単に分解して洗えるため、衛生的にも優れています。

カートリッジの交換は約4週間ごとで、一日約5.3リットル使用する計算です。互換カートリッジも市販されており、コストを抑えつつ継続的に使用できます。

浄水ポットの追加メリット

ブリタの浄水ポットは飲料水だけでなく、家電製品の保護にも貢献します。水の硬度を低減することで、コーヒーメーカーや電気ケトルの水垢を防ぎ、機器の寿命を延ばす効果があります。

少し話が逸れますが、私はコーヒーメーカーにも使用していますので、ここにそのメリットをまとめます。

  1. コーヒーの味の向上:
    • コーヒーは約98%が水で構成されているため、使用する水の質が味に大きく影響します。浄水後の水は塩素や不純物が除去されているため、よりクリーンでフレッシュな味わいのコーヒーを楽しむことができます。硬度が調整された水は、コーヒーのアロマやフレーバーを引き立て、苦味や酸味のバランスを最適化します。
  2. コーヒーメーカーの寿命の延長:
    • 水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルは、時間が経つにつれてコーヒーメーカー内部に蓄積し、水垢(スケール)を形成します。これが機械の効率を低下させ、故障の原因になることがあります。浄水を使用することで、これらのミネラルの蓄積を減らし、機械の洗浄頻度を下げることができ、結果的にメンテナンスの手間とコストを節約できます。
  3. 経済的な利益:
    • コーヒーメーカーのメンテナンスコストや修理コストを減らすことができるため、長期的に見て経済的です。また、水質が改善されることで、コーヒーの消費量自体を減らすことができるかもしれません。より品質の高いコーヒーを少ない量で満足できるため、コーヒー豆の消費を抑えることが期待できます。

浄水を使用することで、コーヒーの味を向上させ、コーヒーメーカーを長持ちさせ、経済的なメリットを享受することが可能です。これらの利点を考慮すると、日常的にコーヒーを楽しむ人にとって、浄水器は非常に有効な投資と言えるでしょう。

結論

経済的かつ健康的な水分補給方法を模索する中で、ブリタの浄水ポットは大きな解決策となりました。コストパフォーマンス、使い勝手、健康へのメリットを兼ね備え、日々の水分補給の大きな助けとなってくれることでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です