Gear,  NEW,  Training

コスパを重視して選択:ニースリーブking2ring pk1400 proでバーベルスクワットをしてみる

エルボースリーブを使用して肘の調子を改善した経験から、ニースリーブについても興味が湧き、購入してみることにしました。

今回は膝の調子が悪いわけではなく、純粋な興味からの購入です。

できるだけコストパフォーマンスの良いものを選ぼうと考え、以前リストラップで良い結果を得たking2ringからニースリーブを選びました。

[tac]

ウエイトトレーニング用のニースリーブとは?

ウエイトトレーニング用のニースリーブは、膝関節を保護し、サポートするために使用されるトレーニングギアです。

特にスクワットなど、膝に負担がかかるエクササイズにおいて、その効果が発揮されます。

以下に、ニースリーブの主な機能と利点を説明します。

  1. 関節のサポート:
    • ニースリーブは膝関節を圧迫し、安定させることで、トレーニング中の不安定さを軽減します。これにより、正しいフォームを維持しやすくなり、怪我のリスクを減少させます。
  2. 痛みの軽減:
    • 圧迫によるサポートと保温効果により、膝に既存の痛みや不快感がある場合でも、その症状を和らげる効果があります。
  3. パフォーマンスの向上:
    • 安定した関節と適度な圧迫により、リフティング時の力の伝達がスムーズになり、重量を扱う際のパフォーマンスが向上します。

ニースリーブの利点

  1. 怪我の予防:
    • 膝関節をしっかりとサポートすることで、関節の過度な動きを防ぎ、怪我のリスクを低減します。特に、重い重量を扱う場合や高強度のトレーニングを行う際に有効です。
  2. リハビリテーションの支援:
    • 膝の怪我から回復する過程で、ニースリーブを使用することで関節を保護し、回復をサポートします。

ニースリーブの選び方

エルボースリーブの記事でも注意点としてお伝えしましたが、ニースリーブを選ぶ際には、以下の点に注意することが重要です。

  • サイズとフィット感: 適切なサイズを選ぶことが重要です。サイズが合わないと効果が半減してしまいます。
  • 素材: 耐久性があり、快適な素材を選ぶことが大切です。一般的にはネオプレンが使用されますが、通気性や伸縮性のある素材もあります。
  • 厚さ: ニースリーブには様々な厚さのものがあり、サポート力や保温性が異なります。自分のトレーニングの目的に合わせて選びましょう。

私の選択と使用感

私は181cm79kgで、king2ringのニースリーブ、ニーラップ7.5mm厚PK1400 ProブラックのMサイズを購入しました。

現在AmazonではLサイズとMサイズの販売となっており、Mサイズでジャストフィットです。

Sサイズでも装着可能だとは思いますが、競技目的ではないためMサイズで十分だと感じました。

実際に装着してバーベルスクワットを行ったところ、明らかに効果を感じました。

Max重量測定はしていませんが、いつもよりも重量が軽く感じられました。

挙上回数も増やすことができ、効果を実感しました。

膝の不調はなかったため、痛みの軽減効果については分かりませんが、サポート力には非常に満足しています。

正しい使用方法と注意点

ニースリーブを正しく使用することで、その効果を最大限に引き出すことができます。

装着する際は、膝の中央にフィットさせ、しっかりと圧迫がかかるように調整します。

YouTubeで装着方法を調べることができるので、一度視聴することをお勧めします。

また、ニースリーブに過度に依存することなく、自分の筋力と関節の柔軟性を向上させるトレーニングを併用することが大切です。

適切なストレッチや補強運動を行うことで、膝の健康を維持し、長期的なパフォーマンス向上につながります。

ニースリーブは、膝の保護とパフォーマンス向上に欠かせない重要なギアです。

正しい使い方と選び方を理解し、効果的に活用することで、安全で効果的なトレーニングが可能になります。

今回の購入を通じて、専門メーカーの製品がどれほどの効果を持つのか、さらに興味が湧きました。

是非、皆さんも自分に合ったニースリーブを見つけて、トレーニングをより快適に、安全に行ってください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です